7月からのジャズ理論講座日程変更

そして募集中!


旧ブログで、年間のジャズ理論講座日程を挙げていたのですが、コロナの影響もあり、7月から始まる<コード進行コース>含めそれ以降の日程を変更させていただきます。


基本的に第2・第4週 日曜の10:00〜11:30とさせて頂きます。


<コード進行コース> 1回目 7/12 2回目 7/26 3回目 8/9 4回目 8/23 5回目 9/13 6回目 9/27 <コードスケールコース> 1回目 10/11 2回目 10/25 3回目 11/8 4回目 11/22 5回目 12/13 6回目 12/20 ←ここだけ3週目になります。 *ヴォイシングコースは考え中、2021年になるか、、  受講希望が多ければ別途検討致します。


6/10現在、<コード進行コース>受講募集中です!!

今と同じく「オンライン受講」と、自粛解除中は「リアル受講」どちらでも受講可能です!


各コースにつき6回講座 90分/1回

月2回ペース(日曜の10:00〜11:30)

受講料¥33,000(税込)/1コースにつき    

(zing music lab.会員は¥27,500税込)

*一括でのお支払いになります。

*受講には五線紙と筆記用具をご持参ください。



ちなみに今後の各コースの内容は、、


<コード進行コース> コード進行がどんな理論でできているのか分析できたり、元のコードを変えたり(リハーモナイズ)、作曲の ためのコード付けに役立ちます。 *主な内容  ・基礎コース事項の確認・復習  ・II-V  ・Secondary Dominant  ・subV's(裏コード)  ・Diminish Chord  ・Line Cliché  ・Minor Scale(短音階)3種類とMinor Key(短調)  ・Minor KeyにおけるDiatonic Chord  ・Modal Interchange〜Sub Dominant Minor  ・Bluesのコード進行とRhythm Changeのコード進行


<コードスケールコース>

アドリブやアレンジを手助けするための武器になります。

*主な内容

 ・基礎コース事項の確認・復習  ・Approach Note〜Scale Approach/Chromatic Approach  ・Tension  ・Church Mode(教会旋法)とDiatonic Chordの関係  ・Chord Scale〜そのKeyのその曲のそのコードでどんなスケールが使える?  ・Avoid Note  ・その他Dominant7th Chordで使用できるScaleいろいろ 

  (Whole Tone Scale、Altered Scale、Combination of Diminished Scaleなど)

<ヴォイシングコース>  特にピアノやギターというコンピング(バッキング)をする和音楽器の武器になったり、管楽器や弦楽器を用モチいたアレンジに役立ちます。

*主な内容  ・基礎コース事項の確認・復習  ・Low Interval Limit  ・Closed Voicing(3way/4way)  ・Open Voicing(Drop2/Drop3/Drop2+4)  ・Spread Voicing  ・Voicing in 4th  ・Cluster Voicing  ・Upper Structure Triads  ・Hybrid Chords

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

まずはニ択から

わからない人 に伝える術として わかってるいる人から伝える場合 わからないことが 理解できない場合がある 何がわからないのかが理解できない ってことは わかるように伝えるために たくさんありとあらゆる例題から 理解させようとする でもそんなたくさんの例題いらないわけよ なんでって わかる人には その例題の意味がわかるけど わからない人には わからないが積み重なるだけだから 答えがあるものなら 答え

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter

zing

〒658-0012 神戸市東灘区本庄町1-16-14

サンフォレストビル101・201

​Tel & Fax: 078.413.4888

© 2020 zing, Kobe Japan