• zing

コードワーク Ⅱ

更新日:2021年9月20日

形にしていこうシリーズとして

コードワークを確立しようとしている中

子供達が絶賛格闘中のコードワークstage Ⅱ


stage Ⅰのトライアッド3音だけで

格闘していた時期は過ぎ

7thが仲間入り

そこで1-3-5-からの

当然7なんだけど


理論上の説明に

その順番では

説明するんだけど


頭で理解するのと

体に入れるのと

ちょっと要領を変えた方が

やりやすかったりするわけよ


もちろん

頭の構造の違いがあるから

一概に絶対とは言い切れないけど


絶対利用するべしは

リーダーの左隣に

7がある


ここを早く利用した方がいいってば


音符にタマで書くならともかく

ピアノで触るなら

確実に

左隣よ


半音か全音で

メジャーか

ドミナント、マイナーよ


ちなみに

stage Ⅲはテンションの9入れること考えて

右隣よ


この先のこと考えて

今のうちに隣化しよ


7-R-9


先生〜脳みそから

ゲロ出そう〜〜って


笑笑

そりゃそうだ


とりあえず筋トレならぬ

脳トレよ




ミッチーブログはこちら↓

https://ameblo.jp/buccozing/entry-12697766595.html



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コードってなんとなく知ってる という人がなかなかいっぱい そして その続きが。。。。 そして基本から 子供達がやってるワークを 説明し 理解することは 3分と掛からない 要するに基本は 仕組みは 大人は仕組みさえ理解したら 理解はとても早い そりゃそうだ そんなに難しいモンでもない 大人が難しいのはその先で 理解したコードを使う時に 起こる運動神経 頭と体を一度に使うことになると 誰の体かわからな